Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator School President
/ INFO / WEB&アプリ 5 Dec 2019

アンダーウェアブランド「UNDERSON UNDERSON」のタブロイド紙に四角大輔のコメントが掲載!

Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:1m29s
A | A | A
  

アンダーウェアブランド「UNDERSON UNDERSON」のタブロイド紙に四角大輔のコメントが掲載!

冒頭から恥ずかしげもなく告白しよう。実はぼくは、かなりのブリーフマニアで、ボクサータイプを偏愛し続けて20年以上も経つ。

これまで多種多様な製品を試してきたが、正直「これが完璧!」というものには出会えなかった。このアンダーソンアンダーソンを着用するまでは。

まず、考え抜かれた形状と独特の張り感がいい。太ももの付け根と、尻の上部を適度にホールドしてくれて、どんなにアクティブに動いても、尻の割れ目に生地が入ってくることはない(割れ目インの不快感は知ってる人ならわかるはずw)。

そして、この土に還る革命的な天然素材、和紙ファブリックは綿よりも吸水性が高く、乾きも速いときている。しかも、軽いのだ。

高機能&軽量オタクで知られるぼくにとって、これらのアドバンテージは大きかった。さらにこの和紙は、持続可能な管理下にある森の樹木を原材料としていて、サステナビリティの観点から見ても合格なのである。

最後に、シンプル&ミニマムなデザインもぼく好みであることも付け加えておこう。ついに出会えたよ、ありがとうアンダーソンアンダーソン。

▽UNDERSON UNDERSON
https://undersonunderson.com/

profile_4dsk_s
四角大輔|Daisuke YOSUMI

RECOMMEND

あなたにとって「ノイズのない世界」とはどんな状態だろうか? ぼくが考えるもっともノイズレスな環境とは、人工物が一切ない大自然のまんなかだ。い…

ニュージーランド湖畔の森に自生するハーブやキノコを食卓に並べ、庭で育てたオーガニック野菜と、湖や海で釣った野生魚を主食とする自給自足の暮らし…

ぼくは、なぜいまここに生きる? どこから、ぼくは来たのか? いったいぼくは、なにもの? ニュージーランドの 湖とともに生きる、森の生活。 こ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP