Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator School President
/ INFO / 連載 / ソトコト 13 May 2016

#50 生命体として美しく生きる⑥

未来の国からパラダイムシフトの朝
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:0m40s
A | A | A
  

5月5日発売のソーシャル&エコ・マガジン『ソトコト』6月号に、
四角大輔による連載〝未来の国からパラダイムシフトの朝
#50が掲載。

今回のテーマは、「生命体として美しく生きる⑥」。

四角大輔がこれまで出会ってきたアーティストやクリエイターの中に、ごくわずかに存在した生命体として美しい人たち。
彼らは自分の心に耳をすまし、他人の目や社会の同調圧力から自身を徹底的に守り抜いている。

そして、そのためには体を整えることが大切。
本記事ではその理由を明かす。

みなさま、ぜひご覧ください!

 

profile_4dsk_s
四角大輔|Daisuke YOSUMI

RECOMMEND

あなたにとって「ノイズのない世界」とはどんな状態だろうか? ぼくが考えるもっともノイズレスな環境とは、人工物が一切ない大自然のまんなかだ。い…

ニュージーランド湖畔の森に自生するハーブやキノコを食卓に並べ、庭で育てたオーガニック野菜と、湖や海で釣った野生魚を主食とする自給自足の暮らし…

ぼくは、なぜいまここに生きる? どこから、ぼくは来たのか? いったいぼくは、なにもの? ニュージーランドの 湖とともに生きる、森の生活。 こ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP