Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator School President
/ INFO / 書籍 1 Jan 2012

『スティーブ・ジョブズ』I・II巻しおりコメント提供

Reading Time:1m3s
A | A | A
  

四角大輔(ネイチャー系ノマド/元音楽プロデューサー)が、『スティーブ・ジョブズ』I・II巻へ下記しおりコメントを出しています。

1巻|第11章「現実歪曲フィールド」 P195
「不可能だと認識しないから、不可能を可能にしてしまう」。これは音楽プロデューサー時代、ミリオンヒットが生まれる直前の感覚に似ている。すごいヴィジョンが生まれる、誰もが無理だと言う、でもやりたい。そんな毎日だった。強烈に願う時、奇跡が続き、夢が実現化した。僕も少しスティーブとつながれた気がした。ありがとうスティーブ。
2巻|第25章「デザイン原理」 P96
僕は最高の釣り場を求め、何日も森の中を歩く。余分な荷物は1gも持ちたくない。荷の軽量化で妥協すると歩くのが苦痛となり、山旅の魅力は激減する。余計な荷は人生から自由を奪う。「絶対に必要なもの以外はすべてなくす」アップルのデザインに貫かれているこの哲学は、人生をより楽しむためにも通じていると思えてならない。”

profile_4dsk_s
四角大輔|Daisuke YOSUMI

RECOMMEND

ぼくは、なぜいまここに生きる? どこから、ぼくは来たのか? いったいぼくは、なにもの? ニュージーランドの 湖とともに生きる、森の生活。 こ…

ぼくはいま、ニュージーランドの、湖畔の森の自宅庭の桟橋の上にいる。 澄んだ湖と空、そして餌を求めて浅瀬を泳ぐ大きなニジマスを眺めながら、30…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP