Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator School President
/ FAVORITE / GEAR 2 Jan 2019

四角大輔 愛用の超軽量アイテム全317公開!|Favorite Gear List

Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:4m23s
A | A | A
  

(2019/1/2 更新!)

2018年7月27日発売『バックパッキング登山入門』『バックパッキング登山紀行』発売を記念して、当メディア〈4dsk.co〉限定で四角大輔のマニアックな〝Favorite Gear List〟をメジャーアップデート!!

「軽くてコンパクトであること。複数の機能があったり、パッカブル(折りたたみ式)だとなお良し。ただし、気分を上げてくれるデザインでないとダメ」
これは、ぼくがアイテムを選ぶ時の、判断基準であり信条ともいえる〈ギアセレクト哲学〉。

このリストに「完成」はありません。
この先もずっと日々アップデートを重ね続けますので、ぜひ時々のぞいてみてください。

大きな更新がある場合のみ、ぼくのFacebookTwitterInstagramでお知らせしますので、そちらのSNSもよかったらフォローしてみてください。


UL Lifestyle|Gear

〈UL Lifestyle〉とは、ぼくが追求するライフスタイルであり、ぼくによる造語。

ULとは「Ultralight」の略。つまり「超軽量」を意味する。

背負う荷物の重さが命に関わる、長距離登山やフライフィッシング冒険をこよなく愛するぼくは、日常生活で使うアイテムも「g単位」で軽いものを選んでいる。

ただ、ライフスタイルにおいては、「軽くて小さいこと云々…」いった、前述の〈ギアセレクト哲学〉に加え、「気分を〝軽く〟してくれて、クリエイティビティを〝高めて〟くれるモノは、それなりの重さがあっても良し」としている。

進化が著しいデジタルテクノロジー。

ぼくが愛用する、ガジェットやデバイスはもちろん、コードや充電器などの小物まで、すべてを網羅。

旅や冒険、日々の生活でフル稼働させているiPhoneアプリも紹介している。

他のカテゴリーでも中核を担っている、アウトドアギアやウエアたちは、その特性上、かなり昔から「いかに軽く、コンパクトにするか」ということに重きを置いて開発されてきたが、ガジェットにおいては最近のこと。

そんな中から、ぼくがどんなモノを選び、使っているのか?
まずは、ぜひご覧いただきたい。

*当カテゴリーのギアリストはこちら
https://4dsk.co/favorite/9499/


Adventure|Gear

元登山部の父に鍛えられ、幼少期から釣り、キャンプ、山登りにハマってしまったぼく。

振り返れば〝人生ほぼアウトドアライフ〟となっていた。
そういったルーツが、現在ぼくがニュージーランドで営む〝森の生活〟へと導いたと言えるだろう。

その後、フライフィッシング冒険、カヤック、バックパッキング登山、マウンテンバイクと、様々な野外アクティビティに傾倒する中で、ここでは、ぼくならではの〝マニアックぶり〟がもっとも発揮されており、前述の〈ギアセレクト哲学〉における独自性は、さらに加速するようになった。

*当カテゴリーのギアリストはこちら
https://4dsk.co/favorite/9497/


Journey|Gear

ニュージーランドでの〝森の生活〟に年の半分以上を充てつつも、年に数ヶ月間を費やす〝移動生活〟も、ぼくにとっては重要なライフスタイル。

そこでは、まさに最小限のアイテムだけで長期間を過ごしている。

冒険での相棒でもある、世界最軽量クラスのULバックパック『Zpack Arc Blast』の中に、ミニマムに絞り込んだギアとウエアを、機内持ち込み可能な7kg以下に抑えている。

ある意味、ぼくの〈ギアセレクト哲学〉がもっとも発揮されているのが、この旅アイテムと言えるだろう。ぜひぼくの、超軽量マニアな選美眼(?)の真髄に触れていただきたい。

*当カテゴリーのギアリストはこちら
https://4dsk.co/favorite/9495/


〈All of photos with no credit: Daisuke YOSUMI〉

profile_4dsk_s
四角大輔|Daisuke YOSUMI

RECOMMEND

ぼくは、なぜいまここに生きる? どこから、ぼくは来たのか? いったいぼくは、なにもの? ニュージーランドの 湖とともに生きる、森の生活。 こ…

ぼくはいま、ニュージーランドの、湖畔の森の自宅庭の桟橋の上にいる。 澄んだ湖と空、そして餌を求めて浅瀬を泳ぐ大きなニジマスを眺めながら、30…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP