Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator Speaker
/ CREATIVE / BOOK / 共著 18 Jan 2019

〈あとがき〉を全文公開!四角大輔著『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』

Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:7m19s
A | A | A
  

『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』
四角大輔富松 卓哉 , 長田 雅史 , 野澤 哲夫 (著)|2018/9/6発売

クラウドファンディングで300%を達成し
資金360万円を集めてNZ全国を回って取材した
四角大輔初の〝NZガイドブック〟は

おかげさまで好調!

リーダーのぼくの独断と偏見と、仲間たちのセンスで、
本気でいいと思うものだけを紹介。
しかも、すべて最新情報!

北欧のセンスと先進性、ハワイの優しさと
大自然エナジーを持つ〝未来の国〟へ

さあ、この本を読んで旅立とう!

▽Amazonで購入へ
https://amzn.to/2K9O6jW

 

あとがき

「仕事に追われ、忙しい毎日を送りながらも、自分を見失わないようにがんばってる」

実はぼくは、そんな人のことを思いながらこのガイドブックを創った。

一回きりの命を授かってこの世に生まれてきた以上、誰もが「もっと楽しく、もっと幸せに生きたい」と願うはず。

だが日本には、「自分らしく楽しく生きること」よりも「我慢してまじめに働くこと」を美徳とする、強い社会重圧がある。

「やりたいことや好きなこと」「家族や仲間」「健康や自然環境」よりも、仕事が優先。

お金を稼ぐため、勝ち組になるために働き続けないといけないような同調圧力も、確かに存在する。

ぼく自身が実際、日本で15年近く働いた経験があるからよくわかる。

そんな国に生まれ育ったぼくらは、その「思い込み」を頭の中から完全消去することは難しい。

そんなとき、ぼくはいつも日本の「当たり前」が通用しない、異国への旅をすすめる。

ぼくも実際に訪れて惚れ込んだ、北欧諸国やハワイもいいだろう。

でも、もしあなたが「ライフスタイルを変えたい」と思っているならば、ぜひ一度ニュージーランドへ来てみてほしいんだ。

小さいことはいいことだ

これまでは「大きくて、早いこと」がよいとされていたが、これからは「小さくて、スロー」なほうがいいとぼくは考えている。

20世紀において、庶民や生き物、地球を傷つけてきたのは、人間性を失って暴走した「大国」と「大企業」だった。

21世紀において、美しい未来を創り出すのは、持続可能なペースで歩む、心ある「小国」や「個人」であると、ぼくは信じている。

「現代の日本が失ってしまった大切なもの」。

それが、この小さな「未来の国NZ」にはまだ残っている。

日本に比べると、この国はのんびりでとても不便で「なにもない」国だけれど、人がハッピーに生きるために必要な、本当の意味での「豊かさ」がある。

そして、大国ではなく姉妹のような、日本と同じ小さな島国だからこそ学べることがたくさんあるのではないだろうか。

できる限り多くの方がここを訪れ、その「大切なもの」と「豊かさ」を実際に感じていただきたいと、ぼくは心から願う。

そして、この未来の国への旅が、「あなたらしさ」を取り戻し、「生き方」を見つめ直すきっかけとなるなら、それほどうれしいことはない。

旅のあとはロングステイ、留学、移住を

ニュージーランドへの旅が実現したあとは、ぜひロングステイや移住を意識してみてほしい。

あなたが若ければ、留学やワーキングホリデーが最適だろう。

近年、NZの学校や英語学校で使われる標準語(英語)には、昔のような訛りがなく、英国以外で最もクイーンズイングリッシュに近いと言われるようになった。

それが理由で、留学先としていつも人気だ。ワーホリは、登録料が無料なうえに30歳までに申し込めばOK。

そのため、欧州や北米だけでなく、最近はアジアでも大人気となっている。

ほかにも、ワークビザ、子をもつ親が取れるガーディアンビザ、起業家ビザ、投資家ビザ、

そしてぼくが取得した一般の永住権と、選択肢はたくさんある。

だがビザに関しては、他の国と同様に、この国もトラブルが多いので注意が必要だ。

ご興味がある方はこの本を一緒に創った信頼できる仲間、野澤哲夫率いる「NZdaisuki.com」にご相談してみてほしい。

史上最多人数が関わった最高傑作

最後に、このガイドブック制作をサポートしてくださった方々にお礼の言葉を伝えさせてください。

クラウドファンディングでご支援をいただいた614名のパトロンの皆さま!

取材先を公募した際に情報を寄せてくださったNZ通の皆さま!

専門ジャンルにおける貴重な情報提供をくださったエキスパートの皆さま!

ブッキングや取材現場を支えてくださったコーディネーターの皆さま!

この本を日本中に届けると言ってくださったダイヤモンド·ビッグ社の皆さま!

感動的なほどかわいいイラストマップを描いてくださった大津祐子さん!

この本を超ラブリーにしてくださったデザイナーの内藤華子さん!

迷惑をかけまくったのに嫌な顔ひとつせず最後まで編集をがんばってくれたエディターの伊澤慶一くん!

そしてこの本を一緒に創ってくれた相棒のトミー(写真家・富松卓哉)、まさくん(長田雅史)、テリーさん(野澤哲夫)!

本当にありがとうございました!!!

 

1冊の本に、これほど多くの方が関わる例というのは、なかなかないことです。

そんな、たくさんの想いが詰まったこの本が、ひとりでも多くの人に届きますように。

そして、ラブリーでグリーンな未来の国NZが、あなたの人生をいい方向に変えるきっかけになりますように。

 

ニュージーランドの湖畔より願いを込めて

Daisuke YOSUMI| 四角大輔

〈All Photos by Takuya TOMIMATSU|富松卓哉


LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』発売中!

クラウドファンディングで300%を達成し、360万円を超える支援金をいただいて完成した『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』は、日本ならAmazonや各書店で購入可能。

そして!実はニュージーランドでも買えることに!

ニュージー大好き.comから購入でき、しかも、お値段は送料込みで1冊NZ$25とお得!(日本では「¥1728=75円計算でNZ$23」なので♪)

*数に限りがあるのでお早めに。

四角大輔がナビゲーターを務めるニュージーランドフェアが代官山蔦屋書店にて開催!
▷NZフェア期間:2019年1月9日~2月24日迄
▷トークイベント日時:2019年02月02日(土)19:00~20:30
▷詳細&申し込み
https://4dsk.co/event/13327/


*ニュージーランド製品や、『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』で紹介しているプロダクトへアプローチされたい方は、ぜひこちら

profile_4dsk_s
四角大輔|Daisuke YOSUMI

RECOMMEND

ぼくは、なぜいまここに生きる? どこから、ぼくは来たのか? いったいぼくは、なにもの? ニュージーランドの 湖とともに生きる、森の生活。 こ…

ぼくはいま、ニュージーランドの、湖畔の森の自宅庭の桟橋の上にいる。 澄んだ湖と空、そして餌を求めて浅瀬を泳ぐ大きなニジマスを眺めながら、30…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP