Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator School President

〈ノイズレスライフ・前編〉集中力と創造性を取り戻す

未来の国からパラダイムシフトの朝 #29
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:5m3s
A | A | A
  

あなたにとって「ノイズのない世界」とはどんな状態だろうか?

ぼくが考えるもっともノイズレスな環境とは、人工物が一切ない大自然のまんなかだ。いっさい人の手が加わっていない原生林や、汚染されていない海や湖のなかが、ぼくにとっては完璧なるノイズレスの世界。

なぜそういったピュアな環境がノイズレスかというと、そこには無駄が一切ないからだ。

土壌・木々・野花・野生動物・微生物・水・空気はもちろん、小さな虫やコケや小石といった、自然界を構成する要素すべてに〝存在する意味〟と〝役割〟がある。

そして、それらすべてが有機的につながっていて、地球誕生から続く不変の循環に組み込まれている。
その結果、矛盾がまったくない完全体となっているのだ。

その完全体は、ひとつの生命体、ひとつの宇宙であり、至高の〝ノイズレス・ワールド〟となっているのである。

〈世界有数の透明度を誇る沖縄の阿嘉島で素潜りをしたとき、一緒に泳いでくれたウミガメをGoProで撮影。完全ノイズレスな世界〉

ちなみに人間そのものや、人間が造り出す無機質なモノは、自然界においては〝異物〟だ。

プラスチックは半永久的に生分解されないし、ぼくらの肉体も火葬されて、土には還れない。

ぼくらは生まれてからずっと、自然からのいただき物である無数の「命」を摂取し続けて、自身の「命」を育んできたのに。最期その肉体を、森や大地に〝栄養〟として返還できないのだ。なんと悲しいことか。

自然とつながれない感覚や、大自然の中で感じる、あの言語化できない疎外感は、あの美しい循環に入れてもらえないからなのかもしれない。

地球の営みから外れてしまい、破壊者となってしまった人間という生き物を、自然界は受け入れようとしないのかもしれない。

〈テントを担ぎ、海抜ゼロから4日間かけて屋久島を縦走したときの地面の表情。矛盾のない宇宙〉

話を本題に戻そう。

大都市は、モノ、情報、雑音さ、人目といったノイズが多すぎる。ぼくにとってのノイズの解釈は、「自分にとって不要な存在すべて」。

ノイズにまみれた生活を送っていると、いつの間にか思考や精神まで冒され、ときに肉体までをも蝕んでしまう。集中力が失われ、パフォーマンスが怖ろしいほど低下する。

そして気づかないうちに、自分の真ん中が空洞化し、人生を見失ってしまう。自分自身の消滅だ。

視点を変えてノイズの反対語をひとことで説明すると、「自分が惹かれる存在すべて」ということになる。

ぼくが日々発信している、「自分の〝好き〟で自分を固める」というメッセージには、「ひとりでも多くの人に、自分を取り戻してほしい」という強い願いが込められているのだ。

ぼくが、持ちものや着るもの、食べるものや触れるものすべてにこだわっている理由は、自分の目や耳などの五感に飛び込んでくる存在すべてを、自分の〝好きなモノだけ〟にしたいから。

それは、「自分だけのノイズレス・ワールドを創るため」と言えば伝わるだろうか。ぼくは、東京のレコード会社時代、どんなに変人扱いされても、そうやって自分自身を守り抜いた。

そして付け加えておくと、その世界を創るために必要なのは信念や情熱。お金や経歴や知能指数ではない。

自分だけのこだわりと審美眼をもって、日々の生活空間と働く環境から、できる限りノイズをなくしていくことで、どこにいようと森や湖や海のなかにいるときののように、思考をシンプル&クリアにすることが可能となる。

そうやってぼくは、レコード会社時代、東京で10年以上ハードに働きながらも、登山やフライフィッシング、素潜りやカヤックをしているときと同じレベルで高い集中力を維持していた。

さらに、どんなに忙しくても穏やかでマインドフルネスな精神状態を手にすることさえもできるのだ。

たとえノイズあふれる都市空間に暮らしていたとしても、身のまわりをノイズレス化していくことで、誰もが高次のパフォーマンスを手にし、創造的に生きることができるのである。

〈All of photos with no credit: Daisuke YOSUMI〉

▽シリーズ《ノイズレスライフ》
〈ノイズレスライフ・前編〉集中力と創造性を取り戻す
〈ノイズレスライフ・中編〉人生を決める選択と集中
③〈ノイズレスライフ・後編〉命より大切なものって?

profile_4dsk_s
四角大輔|Daisuke YOSUMI

RECOMMEND

ぼくは、なぜいまここに生きる? どこから、ぼくは来たのか? いったいぼくは、なにもの? ニュージーランドの 湖とともに生きる、森の生活。 こ…

ぼくはいま、ニュージーランドの、湖畔の森の自宅庭の桟橋の上にいる。 澄んだ湖と空、そして餌を求めて浅瀬を泳ぐ大きなニジマスを眺めながら、30…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP