Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator Speaker

旅を仕事にする方法(中編)

モバイルボヘミアン~旅するように暮らし、遊び、働く #16
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:4m23s
A | A | A
  

旅のテーマと行き先が決まれば、次は発信だ。

今回と次回に渡り、その発信と表現活動における、ぼくの歴史を書いてみたい。

旅を仕事にするためには、このアウトプット作業がとても重要となる。

昔であれば、旅雑誌での執筆や、旅本の出版など、一部の人たちにしかその門戸は開かれていなかった。

でも今では、誰でもすぐに手の平から、全世界へ向けて発信が可能だ。

〈Model. Daisuke Yosumi / at Cuba〉

ぼくがネットで表現活動を始めたのは以外に遅く、2009年のことだった。

大学の教え子が「絶対にやったほうがいいですよ!」と、日本に導入されたばかりのツイッターに、ぼくのアカウントを強引に作ったことがきっかけだ。

それまでのぼくの表現活動は、細々としたものだった。

レコード会社に勤務しながら副業として、フライフィッシング専門誌、アウトドア雑誌、契約していた釣り具メーカーのWEBサイトへ、たまに寄稿するくらい。

ツイッターは文字数制限があり、つぶやいてもすぐにタイムラインで流れてしまうという特性から、気軽にメッセージを発信できた。

ネットでの表現活動の第一歩としてはいいトレーニングになったと思う。

そのまま発信を続け、翌年ニュージーランドに移住。

本の出版などさまざまな活動を開始し、アウトドア生活、ノマド的な新しい働き方、湖畔の森のライフスタイルに関する投稿を続けた。

ツイッター黎明期で盛り上がっていたこともあり、どんどんフォロワーが増加。

1万人を超えたあたりから、自分の発信が、影響力を持ち始めた、という実感を得られるようになった。

〈Model. Daisuke Yosumi / at Cuba〉

もしあのとき、あの学生が強引に、ぼくのiPhoneにツイッターの設定をしなければ、ぼくのSNSデビューは数年遅れただろう。

あの時期の1〜2年の遅れは、取り返しがつかないほどのダメージになっていたはずだ。

ぼくの各SNSのフォロワー数も、ネット上でのぼくの存在感も、現在の半分以下だったかもしれない。そうなればきっと、「旅を仕事にする」というような今のワークスタイルは、構築できていなかったに違いない。

今は、その学生には心から感謝している。

余談だが、その子は在学中に自身のブログとツイッターがきっかけで投資家の目に留まり起業。後に20名以上の社員を抱えるベンチャーに成長させている。

ぼくや彼に限らず、安藤美冬ちゃん、本田直之さん、はあちゅうちゃん、村上萌ちゃんなど、ぼくの周りの友人たちも、SNSによって生き方や働き方が激変。

このように、過去わずか5〜6年の間に、人生の可能性が大きく展開した人はかなり多いはずだ。

〈Model. Daisuke Yosumi / at Cuba〉

そして2011年から、登場したばかりのインスタグラムを開始。投稿は基本的に写真のみ。

添えるにしても一言だけというシンプルな構造に惚れ込み、本田直之さんと2人で1年ほどハマった。でも早すぎた。

その頃日本で使っている人はほとんどおらず、つながるのは欧米の先進的な人たちばかり。

それが楽しかったものの、反応の少なさゆえにいつの間にか疎遠に。

今でもときどき、あのまま使い続けていればフォロワーは今の倍以上いたかも…と後悔することがある(笑)。

▽シリーズ《旅を仕事にする方法》
旅を仕事にする方法(前編)
②旅を仕事にする方法(中編)
③旅を仕事にする方法(後編)

profile_4dsk_s
四角大輔|Daisuke YOSUMI

RECOMMEND

『バックパッキング登山入門〜自由に山を旅する61の流儀』 四角大輔著|2018/7/27発売 独自のギア&ウエア軽量化メソッドと極小パッキン…

『人生やらなくていいリスト』 四角大輔著|4/20発売 頑張らなくていいことに「命=時間」を費やしてる君へ。 現代社会を生き抜くためのミニマ…

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP