Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator Speaker

あなたを「自由」にするアイテム〝サコッシュ〟のススメ

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活) #07
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:4m22s
A | A | A

日本ではもう死語になりつつあるが(笑)、「ノマドの先駆け」とずっと言われてきたぼく。

ちなみにぼくの場合は、オフィスを持たずカフェなどで仕事をする、日本的な「ノマドワーカー」ではなく、国境を超えて生きるグローバルノマドである。欧米では最近、ぼくのような暮らし方・働き方をするクリエイターは、「デジタルノマド」や「モバイルボヘミアン」と呼ばれることが多くなってきた。

場所の制約を受けないワークスタイルを構築することで、街から20kmも離れたニュージーランドの湖畔の森の中で暮らし、世界中で移動生活をしながら生きられるようになった。そんなライフスタイルを10年近く送ってきたためか、「出かける時は、できる限り身軽に」と、いつの間にか、考え抜くクセが身に染み付いていたのだ。

これまで、身軽さの究極形である〝手ぶら〟からはじまり、12インチMacBook対応の防水ショルダーバッグ、3~4泊の出張まで対応する小型の防水デイバッグ、そして長期間の世界移動生活で使う超軽量バックパック(1週間以上のバックパッキング登山でも使用)と紹介してきた。ちなみにどれも、絶対的な信頼をおける一流のアウトドアブランド製である。

今回は、いろんなブランドから発売され、おそらく今、流行のピークにいるだろうサコッシュ(ボディバッグの一種)について書いてみたい。

上の写真にあるのは、ぼくがこれまで使ってきたサコッシュの一部(笑)。最軽量のもの(左下)で27g、もっとも重いもの(左上)でも49gと、とにかく軽さが売りだ。そして、これらのミニマムなデザインがぼくの好みである、ということも付け加えておきたい。

どれも薄くて軽量なのに頑丈、作りがシンプル、少しだが収納ポケットが付く、などの特徴がある。

LOCUS GEAR Nanos はMacBook 12Inchがピッタリ入って重さわずか78g〉

「あなたのバッグの重さは何グラム?」

この〝ULライフスタイル〟シリーズで何度か問いかけてきた言葉だが、普段何気なく使っている持ち物の重量を気にする、把握することは、真の自由を手にするための第一歩であり、とても大切な思考法なのである。

ちなみに、ぼくが使うサコッシュは、同容量の一般的なショルダーバッグのわずか1/5から1/10程度という軽さだ。それにも関わらず、これらにはiPadやMacBookが入る。

〈旅、登山、ライフスタイルにおける、今のぼくの最強の相棒 山と道® サコッシュ 。容量4Lで、iPad miniがすっぽり入り、少しはみ出るが12インチMacBookも運搬可能。39gと軽いが、何よりデザインが好き〉

以前ご紹介した、ぼくの最ミニマムバージョン、ポケットに世界最軽量財布、iPhone、鍵が収まるシステム〝手ぶら〟に、「ちょっとした+α」が必要な時には、迷わずサコッシュをセレクトする。

両手を自由に使え、軽くてかさばらないため、街中をいくら長い時間歩いても疲れないし、自転車移動の際も邪魔にならない。真夏、バッグが体にへばりついて暑くなってしまうことが多々あるが、コンパクトなサコッシュならそれも避けられる。言うまでもなく、肩に掛けたまま走ることも可能(笑)。

まさに、あなたの行動を「自由」にするアイテムなのだ。


《ULライフスタイル*》 は、四角大輔が追求するライフスタイルであり、彼による造語。ULとは「Ultralight」の略。つまり「超軽量」の意。


当シリーズに限らず、このメディア〈4dsk.co〉で表現されている、四角大輔が独自開発した〝人生デザイン学〟は、会員制コミュニティ型スクール〈Lifestyle Design Camp〉で、さらに深く、詳しく学ぶことができます。


本記事は『朝日新聞』2014.12.06掲載の連載〈超軽量ライフスタイル〉第7回に、本人による大幅な加筆修正と写真追加がされた〝最新&完全版〟です(当HP掲載|2018.12)

RECOMMEND

『バックパッキング登山入門〜自由に山を旅する61の流儀』 四角大輔著|2018/7/27発売 独自のギア&ウエア軽量化メソッドと極小パッキン…

『人生やらなくていいリスト』 四角大輔著|4/20発売 頑張らなくていいことに「命=時間」を費やしてる君へ。 現代社会を生き抜くためのミニマ…

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP