Naturalist Mobile Bohemian Adventurist Author Artist Incubator Speaker
/ FAVORITE / MOVIE 6 Oct 2012

映画『マヤ ― 天の心、地の心 ―』四角大輔レビューコメント

Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:1m7s
A | A | A

マヤ暦5125年の周期の終止符に
- 古代マヤから私たちへのメッセージとは?

この映画は、単なるマヤ暦、マヤ文明に関するスピリチュアルな作品ではなく、古代マヤの美しい世界観を表現しながら、現代マヤ人が直面している問題を浮き彫りにして、その上で、現代を生きる我々全体に対しての警笛を発している渾身の作品です。

———————
マヤ暦の終わりは世界終末か、新しい世界のはじまりか。
グローバリゼーションは悪か善か。
人間は地球にとって死神か、救世主か。

それを決めるのはぼくらだ。

多くの命を犠牲にして発達させてきたこのテクノロジーを、
マヤ族たちの思想をもって、地球のために活用すること。

それが唯一の償いだと、ぼくは信じる。
一遍の詩を詠むように、この作品を感じて欲しい。

- 四角 大輔(森の生活者・執筆家)
———————

 

▽公式サイト
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=23


RECOMMEND

『バックパッキング登山入門〜自由に山を旅する61の流儀』 四角大輔著|2018/7/27発売 独自のギア&ウエア軽量化メソッドと極小パッキン…

『人生やらなくていいリスト』 四角大輔著|4/20発売 頑張らなくていいことに「命=時間」を費やしてる君へ。 現代社会を生き抜くためのミニマ…

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP