Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator
/ EVENT / for BUSINESS PERSON / EVENT 25 Oct 2013

Lifestyle Design Cafe #01

高木新平さん(コンテクストデザイナー)×鎌田安里紗(モデル)× 四角大輔
Facilitator Daisuke YOSUMI
Reading Time:3m18s
A | A | A
日時:2013年10月25日 (金) 場所:kurkku home (東京都渋谷区神宮前2丁目18-21) 料金:学生:2000円、社会人:5000円    1drinkにつき500円(当日払い) 定員:学生:60人、社会人:10人 詳細・お申し込み→ http://peatix.com/event/21105

「本当の自由ってなんですか?」 自由をテーマとした2冊目の自著を出して以来、大学講義や講演で必ずこの質問を受ける。 ぼくはこう即答する。「①自分らしく生きること」「②お金から自由になること」の二つだと。 今度は逆に、「お金から自由になるためにはどうしたらいい?」という質問を投げかける。すると、多くの人が「大金を稼ぐこと」と答える。それに対して「いくら稼げば自由になれますか?」と訊くと、誰も答えられなくなるのだ。 ぼくは過去に、音楽業界という大金が飛び交うショービジネスの中枢で15年間働いたことがある。レコード会社の社員だったので、どんなに頑張っても昇給には限界があったが、アーティストやフリーのプロデューサーなど、ぼくの周りには億単位のお金を稼ぐ者が数人いた。IPOに成功し、10億円を手にしたIT長者の友人もいた。 そんな彼ら全員が自由を手にできたかどうか。答えは否だ。 たとえ大金を得ても、「①自分らしい生き方」を追求できていない人は、まったく自由にはなれない。むしろ財産を守るための制約が急増し、蟻地獄のような不自由スパイラルに堕ちていく。ニュージーランドという比較対象を得て気付いたのは、①という自分軸を持てない人が日本にはあまりにも多いという悲しい事実だ。 もちろん、お金はないよりもあった方がいい。お金によって得られる自由は確かにあるからだ。ぼく自身、数々のヒットという幸運に恵まれ、平均的な会社員よりも高い年収をもらっていたと思う。 得たお金を、「自分らしさ開発」のために投資することで、貧乏だった20代の頃に比べると、ある程度の自由を手に入れられた。 しかし、もう一度ここで自問自答してみて欲しい。自由になるためにあなたはいくら必要?1千万?1億円?10億円? この足し算思考は人を欲望の無限地獄に引きずり込んでしまう。ぼくが推奨するのは引き算思考である。つまりダウンシフト。 まず、「自分ひとりもしくは家族が、健康的に生きるために必要な最低限の衣食住コスト」を完璧に把握する。家計簿を徹底的につけてこの計算を行うと「こんな低コストでOKなんだ」という事実に誰もが気付ける。次に必要なのは、そのコストをギリギリまで下げるための戦略を立てること。 まず「衣」に関して。いまの日本では服は異常なほど余っている。例えば、古着を探せば良デザインのTシャツが数百円で買える。 次は「住」。日本で住コストが高いのは大都市のみ。地方都市でのライフスタイルを選べば、住居費は世界的にみても低くなる。実は日本では地方の方が豊かなのだ。 もっともハードルが高いのが「食」。ここで、ぼくが本気で提案したいのは「自給」。ある意味、極端な戦略だし、決して簡単ではない。でもこの選択肢を、あなたの思考と人生プランニングに加えてもらうだけでいい。 ニュージーランドの湖畔で、お金をあまり必要としない自給自足生活を送ることで、生まれて初めて、本当の自由を手にできた。その結果ぼくは、より自分らしくなり、インディペンデントになり、そしてクリエイティブになれた。 この究極の感覚を、ひとりでも多くの人に体感して欲しいと願い、このような発信を続けている。 “

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 「人は誰もがアーティスト(表現者)」というメッセージを掲げ、すべての人間に眠るオ…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP