Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

朝日新聞

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活)

ストレスを減らし、身も心も軽快に生きるためには、持ち物の無駄をなくすことが大切だ。 これは、繰り返し述べてきたぼくの人生哲学。 「不要なモノ…

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活)

「両手を常に自由な状態にしておくこと」を信条とするぼくは、ハンドバッグのような、手がふさがってしまうカバンを持つことは、緊急時以外はない。 …

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活)

昨今、テクノロジーが劇的な進化を遂げている。 それは、ぼくが大好きなデジタルの世界にとどまらず、モノづくりや素材開発においても同様だ。 それ…

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活)

あなたが、最後に手ぶらで街を歩いたのはいつ?子供の頃? ライフスタイルがテーマの、ぼくのトークライブでこの質問をすると「手ぶらだと不安だ」と…

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活)

街では、歩く人のほぼ全員がなんらかの「カバン」を持っている。 ハンドバッグ、ブリーフケース、ショルダーバッグとさまざま。 その中で、毎日持ち…

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活)

あなたは、ご自身の財布の重さを計ったことがあるだろうか? ぼくのライフワークであり、今では仕事のひとつにもなっているロングトレイル登山やフラ…

朝日新聞|持続可能な未来創造

職場や家庭の人間関係、仕事のプレッシャーなどさまざまなストレスが社会問題化している日本は「高ストレス社会」といわれる。 その反動か、森林セラ…

朝日新聞|持続可能な未来創造

「人は、食べることで自然とつながれる」。 これは、自給自足の生活を営む、ある方の言葉。 一昨年の2014年は、「食」をテーマに日本中を旅した…

朝日新聞|持続可能な未来創造

ここニュージーランドは夏に突入。 (当時2014年2月) 庭の畑でとれた野菜が、わが家の食卓を埋め尽くす。 自給率がもっとも高くなるのはこの…

朝日新聞|持続可能な未来創造

ニュージーランド移住の夢を抱いたのは学生の頃。 「大好きなフライフィッシング(釣り)をきわめたい」という子供のような動機が、最初の理由だった…

朝日新聞|持続可能な未来創造

お酒が「薬品」と感じられ、苦手だったぼくが、初めてアルコールをおいしいと思ったのは、35歳を過ぎてニュージーランドのワインを飲んだ時。ニュー…

朝日新聞|持続可能な未来創造

今回の日本への一時帰国では、全国20以上の大学での講義と、アウトドア雑誌のロケ撮影で、北海道から沖縄まで駆け回った(2013当時)。 ニュー…

PAGE TOP