Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

#07「使える淡水、わずか0.01%」NZキャンプライフで学んだこと②

未来の国NZからパラダイムシフトの朝
text&photo by Daisuke Yosumi
Reading Time:4m33s
A | A | A

「2030〜40年には、水の需要が供給を上回る」

複数の研究機関が発表したこの衝撃の予測に、ショックを受けた方は多いと思う。
世界史において、これまでは黄金やダイヤモンド、石油資源などの奪い合いが戦争やテロの原因となってきたが、今後は「水」の争奪戦が始まるというのだ。

ニュージーランドに移住した直後から半年近く続けた、シンプルなキャンプ場での暮らしから学んだことは多い。
今回は、その中から「水」のことについて書いてみようと思う。

トレーラー

〈Photo. Daisuke Yosumi in NZ〉

ぼくが生活した畳6畳くらいのキャンピングトレーラーには、トイレとシャワー兼用の小さなスペースがあった。
半畳くらいの狭い面積の空間の隅にシャワーヘッドが、反対側に便器が設置されているのだ。
身長180センチのぼくが体を洗う時、気をつけていても肘が何度か、壁にガンと当たる、そんな狭さだ。

シャワーからお湯は出るが、3〜4分しか持たないため、服を脱ぎながら、シャワー中の全行程を、頭の中で完璧にシミュレーションする。
その際に意識すべきことは、無駄な動きをすべて排除することだ。

いったんシャワーを出した以降のためらいや逡巡は命取りになる。
お湯を体にかけたあと蛇口を一度締め、呼吸さえ忘れるほど一気に、頭から足の先まで石鹸で洗う。再度、シャワーを浴び、泡を流す。うかうかしていると後半は水になってしまうのでドキドキだ。

この英国製のキャンピングトレーラーは、欧米の家に多い「温水タンク方式」を採っている。
キャンプサイトからの電力か、トレーラー備え付けのプロパンガス(切り替え可能)によって、タンク内のお湯が事前に温められているのだが、タンク容量が小さいために、わずかな量のお湯しか出ないのだ。

そして、シャワーヘッドからの水圧は微弱で水量も少ない。文字どおり「チョロチョロ」だ。
さらに付け加えると、このタンクの水が適温になるまで1時間以上かかる。
つまり、ふたり連続でシャワーを浴びることができないのだ。

ただ、キャンプ場には別棟にシャワールームが設置されている。
そこからは、高水圧で潤沢なお湯が溢れでてくる。ぼくは当然、その施設も頻繁に利用した。
しかし不思議なことに、トレーラー内の貧相なシャワーに慣れてしまったぼくは、その〝あたりまえ〟のシャワー設備を贅沢に感じてしまうようになったのだ。
お湯はふんだんに出るとはいえ、トレーラーの弱小シャワーと同じように、頻繁にお湯を止めて無駄な水を使わないよう、その〝瞬間芸的〟なシャワースタイルを貫いた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

〈Model. Daisuke Yosumi / in NZ〉

ぼくは、年に何度か日本に戻り、3〜4ヶ月を東京で過ごす。
そこには当然、キャンピングトレーラーよりも強力なのはもちろん、あのキャンプ場のものよりも豪華なシャワーがある。それに慣れると、キャンプ場生活で「贅沢」と感じたあの気持ちを、忘れがちになってしまう。

都市生活を送っていると水は〝無限にある〟といつの間にか勘違いしてしまうのは、ぼくだけじゃないはず。
都会、田舎、キャンプ場、ぼくがいま暮らすの湖畔の森の中、住む場所に関係なく、人間はどこにいたとしても常に、自然界に依存しているにも関わらず、この大切な事実を忘れてしまう。

自分はなんと愚かな人間か。人とは永遠にそういう存在なのだろうか。いや、そうではないと信じたい。
いま地球上で起こっているさまざまな問題を解決できるのは、人間しかいないのだから。
今回は自戒の念を込めて、このテーマを選んだ。

地球上でぼくらが使える淡水は、全体のわずか0.01%というのは有名な話だ。
そしてすでに、一部の大企業や投資家の間で、その貴重な水の争奪戦が始まっている。
ぼくらが知らないところで、恐ろしいほどの大金が動いている。その事実にぼくらはもっと危機感を持つべきなのだ。

ソトコト紙面

本記事は、エコ&ソーシャル誌「ソトコト」2013年11月号掲載、四角大輔の連載記事Vol.07に加筆修正を加えた完全版です。
(当サイト掲載|2016年3月19日)

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 森の生活者、アーティストインキュベーター 「人は誰もがアーティスト(表現者)」と…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP