Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

モバイルボヘミアンとは(後編)

モバイルボヘミアン~旅するように暮らし、遊び、働く #05
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:4m49s
A | A | A

この原稿を書いているまさに今日、20日弱の日本への旅から、ニュージーランドの湖畔の森に帰宅(2016年2月現在)。

前回は、セカンドホームとして使っている、ビーチに停めたキャンピングトレーラーの中で執筆していたことを考えると、この1カ月間、自宅には1週間ほどしかいなかったことになる。

さて、これまで、〝ノマドライフ〟と〝デュアルライフ〟の違いや、誤用されることが増えた〝ノマド〟の歴史について述べてきた。今回はいよいよ本題、〝モバイルボヘミアン〟について書いてみたい。

プロフィールで紹介されるぼくの肩書きに多いのは次の3つ。

①ノマド、②ノマドワーカー、③グローバルノマド。

①の表記は、3文字で完結するため、文字数に制限があるとき便利だし、「総称」としてとらえると間違いではないのでOK。
しかし、②で紹介される場合は、いつも否定させていただくことになる。

これまでも書いてきたとおり、〝ノマド〟とはライフスタイルであり、ワークスタイルに限られた用語ではない、というのがぼくの解釈だからだ。
そして、ニュージーランドを軸に、頻繁に国境を越え、日本を含む複数の国を移動しながら仕事をしていることから、③がもっともしっくりくる。
自分でも、この名称を使うことが多いかもしれない。

ファイル 2015-08-12 16 21 20

〈Photo. Daisuke Yosumi in NZ〉

では、〝グローバルノマド〟と〝モバイルボヘミアン〟の違いとは何か。

両者とも、「単なる旅人ではなく、国境を越えて移動しながら仕事をする人」、「移動が手段ではなく、生活そのものになっている人」という要素は当てはまる。

〝モバイルボヘミアン〟という概念において、重要なのは次の点なのだ。

「遊び、仕事、生活に垣根がなくなり、旅そのものが仕事と生活になっている人」

たとえば、ぼくにとっての究極の旅のスタイルである、フライフィッシング冒険やロングトレイル登山から派生した、雑誌での連載や寄稿、冒険トークライヴ、アウトドアブランドのアンバサダーや、フィッシングギアや登山ウェアの開発、体を鍛えるためのトレーニング法のコンテンツ発信などがそれにあたる。

ニュージーランドで営む自給自足ベースの〝森の生活〟と〝移動生活〟そのものがコンテンツとなり、ライフスタイルや旅の講演や、執筆につながることが増えた。

湖畔の森で実践しているオーガニックライフの発信を見た企業から、自然派プロダクトのブランディングやアンバサダーの仕事をいただいたり。
ライフワークとして続けてきた、起業家やクリエイターの育成活動がきっかけで、さまざまなオファーが舞い込むようになったり。

《新著書のお知らせ!テーマは旅!》 この透明な窓からの木洩れ陽の中、 次作の著書(共著)の完成が 遂に見えた…8月発売いけそうだ…涙。 . 執筆などのクリエイティブワークが もっともはかどったお気に入りの場所。 . ここ南インド・ソマティーラムの 食と森と海と太陽のおかげだ…感謝。 . 禅とミニマリズム。 世界中を旅してる中で、 愛機MacBookがいちばん 溶け込んでる気がする。 . #ayurveda #yoga #meditation #mindfulness #Somatheeram #ChowaraBeach #Trivandrum #Kerala #India #MobileBohemian #4dsk_journey #CleanIndia

四角大輔|Daisuke YOSUMIさん(@4dsk)が投稿した写真 –

ただし、これらの仕事を受ける際、「仕事相手を好きと思えること」、「楽しいこと」、「長期間に渡り場所の制約を受けないこと」という点を判断基準にしている。

これらを守ることで、仕事がストレスとは無縁のものになる。
その結果、モチベーションとクリエイティビティが高まり、必然的に仕事のクオリティも向上するからだ。

ちなみに、ぼくは場所の制約を受けない仕事を〝モバイル・オキュペイション=持ち運び可能な職業〟と呼ぶ。

辞書によると〝ボヘミアン〟とは、「社会の習慣に縛られず、自由気ままに生活する人」とある。

いい言葉ではないか。

〝モバイルボヘミアン〟という言葉の概念、理解していただけただろうか。

本記事は、MacFan2016.4月号掲載の連載「モバイルボヘミアン~旅するように暮らし、遊び、働く」05に加筆修正を加えた完全版です。
(当サイト掲載|2016年7月24日)

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 「人は誰もがアーティスト(表現者)」というメッセージを掲げ、すべての人間に眠るオ…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP