Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

モバイルボヘミアンとは(中編)

モバイルボヘミアン~旅するように暮らし、遊び、働く #04
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:3m55s
A | A | A

本来は「遊牧民」という意味の英単語〝ノマド〟という言葉に、新たな概念を当てはめたのは、フランスの元大統領補佐官で、未来学者のジャック・アタリ氏だとされる。

なんとそれは、いまから10年近くも前のこと(2016年現在)。
当時発売された彼の著書『世紀の歴史』で、〝ハイパーノマド〟という言葉で紹介されている。
国境を越えて移動しながらも、「国や社会へ影響を与える力を持っている」という点が、単なる旅人とは異なる。

こう大上段に述べてしまうと、特別な印象を持つ人も多いだろうが、そもそも人類の歴史は「移動の歴史」であり、〝人間=地球規模で移動する生物〟だ。
もっとも原始的な移動手段は徒歩と古代式カヌー、それが馬や動物を動力源とする乗り物になり、船や車、そして飛行機やスペースシャトルと発展してきた。

余談だが、ぼくのライフワークは、フライフィッシングとそれにまつわる、大自然への冒険。
そういった「人力移動」を偏愛している理由は、人類の原点を忘れないためでもあるのだ。

四角大輔|Daisuke YOSUMIさん(@4dsk)が投稿した写真

話を戻そう。

ほかの動物にない「あくなき好奇心」によって、これまで人類はずっと、〝あの山、あの海の向こう側〟を目指し、移動手段を発明してきた。

そのために、持ちうる最高の叡智とテクノロジーを投入してきたのだ。
そうやって移動が盛んになった結果、さまざまな文化交流、情報や技術交換がなされ、現在の文明がデザインされてきたのである。

特に、ぼくら日本人をはじめとするアジア系や各地の先住民族などの、モンゴロイド(黄色人種)
の移動意欲はすさまじく、白人や黒人といったほかのどの人種よりも広範囲に広がっている。

それは北極のイヌイットから、赤道直下の熱帯の島々に暮らす人々まで、その気候区分で見ると、まさに地球規模。
そのため、我々黄色人種は、気温変動への対応力がほかの人種よりも高いことをご存じだろうか。

個人差はあるが平均的に、白人は暑さと強い日光を、黒人は寒さと弱い陽射しを、苦手とする。
彼らの、白や黒に輝く美しい皮膚、整った顔やボディバランス、高い身体能力は羨ましい限りだが、彼らに比べるとずんぐりむっくりで、黄色から茶色と表される、どっちつかずのこの皮膚の色には、実は誇るべき〝機能性〟が搭載されていたのだ。

「ぼくらモンゴロイドこそが〝リアルノマド〟である」というのは、ぼくの個人的な意見だが、西洋文明の白人たちが、動力と航海技術を進化させて大海原に出るはるか前に、我らが祖先は、星空を海図に、手漕ぎのカヌーで世界の海を旅し、地球中に散らばったのだ。

ファイル 2016-07-09 16 37 10

〈Photo. Daisuke Yosumi in Philippines〉

もし人類が移動に興味を持たず、各地にとどまり、まったく交流せずにきたとしたら、どんな世界になっていただろう。

社会を進化させてきたMacやiPhoneなどのアップルプロダクトはもちろん、ぼくらが手にしている西洋的な利便性やテクノロジーは、日本にも、ぼくが暮らすニュージーランドにも存在しなかっただろう。

でも、もしかしたら自然環境は破壊されず、人類の幸福度はもっと高かったかもしれない。

しまった。前編と後編の全2回を予定していたのに、書きたいことが溢れすぎて終わらなかった。
次こそ、核心部分である「モバイルボヘミアン」について、綴ろうと思う。

本記事は、MacFan2016.3月号掲載の連載「モバイルボヘミアン~旅するように暮らし、遊び、働く」04に加筆修正を加えた完全版です。
(当サイト掲載|2016年7月16日)

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 「人は誰もがアーティスト(表現者)」というメッセージを掲げ、すべての人間に眠るオ…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP