Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

#01 モバイルボヘミアンの極上のクリエイティブ・タイム

モバイルボヘミアン~旅するように暮らし、遊び、働く
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:4m40s
A | A | A

世界一美しい島、ギリシャのサントリーニ島のカフェでこの原稿を書いている。

今回の旅はトータルで、約6週間。立ち寄る街は全13都市。
南ヨーロッパを列車とレンタカーで濃密に移動し、最後は北上してパリへ。パリの中心地で数日間を過ごしたのち、パリ・シャルルドゴール空港から空路で中東の都ドーハへ。

12046781_938563776180116_1249871835836411485_n

〈Photo. Daisuke Yosumi at Santorini, Greek Islands〉

そこからは、「ピースボート」という客船での、約20日間の洋上生活へ突入した。

時速30キロメートルというゆったりとした速度で、アラビア海から紅海に入り、スエズ運河を抜ける。そのあとは地中海を渡海し、ヨーロッパ各国を移動し散策するという行程だ。
なお、ぼくは船上で行う講演の仕事で乗船しているのため短期間だが、乗客はみな3か月かけて地球を一周する。

ぼくが旅先に着いて最初にする行為は、景色がいいエリアを歩き回り、その街で一番の〝絶景カフェ〟を見つけ出すこと。
当然そのカフェでのベストの席を狙う。そして、この写真のように、もしそれが〝水際〟であれば完璧。

「なぜ水際か?」に関しては、当連載をとおして、徐々に語っていくことになるので、今回は割愛したい(当4dsk.coの読者は他の記事ですでにご存知かとは思うが^ ^)。

Santorini_cafe3

〈Photo. Daisuke Yosumi at Santorini, Greek Islands〉

ぼくは年の半分を、移住先であるニュージーランドの、原生林に囲まれた湖で過ごす。
残りを、母国である日本とその他の国々に割り当てている。

1年が終わってみると、年によって違うが、だいたい地球を3~5周していることになる。

ぼくにとって旅における至福のシチュエーションは、訪れた先の美しい場所でMacBookを開いて仕事をしているとき。
有名な観光地を廻るのもいいが、現地でしか見られない景色と、そこでしか味わえない空気感によって、集中力はマックスまで引き上げられる。
その集中力をMacBookにぶつけている時間が、何よりも幸せなのだ。

「旅先でも仕事でたいへんですね」とときどきいわれるが、ぼくは単に「自分がもっともクリエイティブになれる場所」を探して旅を続けているだけ。

その地ならではの風の匂い、眼に飛び込んでくる独特の配色、初めて耳にする雑踏の音、ローカル食材とそこでしか食べられないユニークな料理。
これら旅先でしか体感できないさまざまな、〝独創的な要素〟が掛け算され、極上のクリエイティブ・タイムをもたらしてくれる。

ぼくの創造性は驚くほど上昇し、そこでしか得られない斬新なアイデアや、イノベーティブな思考を手にすることができるのである。

11064851_938563866180107_7462823401292870641_n

〈Photo. Daisuke Yosumi on Peace Boat on Mediterranean Sea〉

今日はこの原稿執筆、先日受けたロングインタビューの校正、開発中のアウトドアギアのデザインと向き合っていた。
どの仕事も、この今日この場所でMacBookを開かなかったら、生まれてこなかったオンリーワンの感覚と思考ばかり。
一度この醍醐味を味わってしまうと、この旅のスタイルを移動生活をやめることはできなくなる。

ぼくの仕事の8割は、〈場所の制約を受けない〉ものだ。

ネットとMacBookさえあれば、ぼくはどこでも働くことができる仕組みを構築している。
場所に縛られる仕事は2つのみ。トークライブや大学講義、大自然の奥を目指す冒険のロケ撮影だけ。

ぼくにとって旅は、最上級の「遊び」であり、「仕事」だ。
そして、「ライフスタイルそのもの」といっていいだろう。

当連載では、そんなモバイルボヘミアン(生活旅人)として、ぼくがどう人生をデザインしているのかを、少しずつ綴ってゆきたいと思う。

本記事は、MacFan2015.12月号掲載の連載「モバイルボヘミアン~旅するように暮らし、遊び、働く」01に加筆修正を加えた完全版です。
(当サイト掲載|2016年2月27日)

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 森の生活者、アーティストインキュベーター 「人は誰もがアーティスト(表現者)」と…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP