Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

「めぐりのライフスタイル」大地へ、体へ、そしてまた地球へ

朝日新聞|持続可能な未来創造#11
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:5m18s
A | A | A

ここニュージーランドは夏に突入。
(当時2014年2月)

庭の畑でとれた野菜が、わが家の食卓を埋め尽くす。
自給率がもっとも高くなるのはこの季節だ。

〝日々の有機物のめぐり〟が夏の収穫を左右する。

冬が終わり暖かくなってくると、庭や周りの森の植物たちは歓喜し、どんどん成長しはじめる。春から夏、そして秋にかけては、週に1〜2度は必ず、庭と畑の雑草と対峙しないといけない。

ぼくは、大地と向き合いながら、単純動作を繰り返すだけの雑草抜きが大好きだ。
執筆やクリエイティブワークに行き詰まったとき、畑に出て15分ほど雑草を抜いてみる。心地よい緑の香りに包まれながら2〜3分でスッと瞑想状態に入り、あっという間に頭がすっきりしてくる。
結果、再び高い集中力を取り戻せるのだ。

ファイル 2016-05-08 16 10 16 のコピー

〈雑草抜きメディテーション。Photo Daisuke Yosumi in NZ〉

抜いた雑草はすべて、庭の片隅の堆肥コーナーに森の腐葉土と一緒に積み上げておく。そのまま数カ月寝かすと、微生物あふれる栄養価満点の〝極上の土〟となる。

キッチンから出る植物性の生ゴミは、すべて「コンポスト容器」に入れておくことで、豊かな有機堆肥に。
コールドプレスジュースの搾りかすや、使い終わったコーヒー豆の粉は「ミミズ・コンポスト」の中で、栄養価と即効性の高い液肥に変身する。弱った野菜の土に、この〝命の液肥〟である「ミミズジュース」をまいてやると、あっという間に元気を取り戻してくれる。

1 〜2年ほどして、野菜たちの成長が悪くなり、畑の養分が減ってきたと感じたら、これら数種類の自作の有機堆肥たちを混ぜながら、畑を耕すとよい。
化学物質や動物性の肥料を使わず、時間をかけて丁寧に土の栄養価を高めることができれば、野菜の味は格段によくなり、野菜たちの〝命の濃度〟も高くなるのだ。

ファイル 2016-05-08 19 14 17

〈左から。落ち葉ベースのコンポスト。腐葉土ベースのコンポスト。ミミズコンポスト。Photo Daisuke Yosumi in NZ〉

そして、2ヶ月に一度ほどのペースで行う、庭の樹々の伐採や剪定で出た大量の材木や枝は、簡単には土に還ってくれないので、風通りのいい森の中に積み上げておく。1年ほど乾燥させて、冬の暖炉の貴重な燃料とする。ちなみに、紙ゴミも貴重な火付け燃料となる。
そして、燃やしたあとの灰は畑にまく。土壌の酸性度を下げる役割を果たしてくれるからだ。

とにかく、うちで生まれる「有機物」は、一片たりとも無駄にしないオーガニック至上主義。
なぜなら、それらすべてが「命」だから。

食べて、ぼくの肉体の一部になってもらうことで、ぼくがその命を引き継がせてもらう。
もしくは庭や畑に還すことで、大地にその命を引き継いでもらう。

「人間の大腸と、大地は同じ機能」というような言葉を聞いたことがある。
この言葉が正しいという事実を、ここ湖畔の森での「循環」をベースとした暮らしでは、日々体感することができるのである。

ファイル 2016-05-08 18 02 56 のコピー

〈土に還る雑草。活躍するのはミミズや、眼には見えない微生物たち。美しい循環。Photo Daisuke Yosumi in NZ〉

ぼくの肉体を創り出す貴重なタンパク源となる魚は、目の前の湖や、自宅から1時間の距離にある海から自分で釣りあげてくる。自ら、丁寧に血を抜いてさばくことで、ほとんどの部位をいただくことになる。
食べられないウロコ、内臓、骨は畑の隅に埋めて上質な肥料にするので、無駄になるものはない。
ちなみにぼくは、肉を食べないので、分解に異常なほど時間がかかる動物の肉片や骨を、土に埋める必要がないから楽だ。

わが家では、ここの土地で生み出される有機物はすべて、ぼくの体と大地を循環している。

ちなみに、プラスティック、瓶、カンなどの「無機物」のものは、うちの敷地外に出して、市のゴミ処理に頼ることでリサイクルに回す。ただ、ぼくはモノをあまり買わないうえ、この国は過剰包装がないので、ゴミはとても少ない。
念のために言っておくが、これら無機物も、ぼくらが暮らす地球からのいただきもの。つまり命だ。

日本は「食品廃棄率の高さ」と「ゴミ処理場の多さ」が世界一と聞く。
だが、ゴミを減らすべく、エコバッグや水筒を持ち歩く人が増えているのも事実。

「もったいない」という英語の単語にもなりつつある、世界から尊敬されるこの美しい哲学を生み出した、ニッポン本来の姿を取り戻す日が来ることを切に願う。

本記事は、朝日新聞2014.2.1号掲載の連載「持続可能な未来創造」11に加筆修正を加えた完全版です。 (当サイト掲載|2016年5月27日)

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 「人は誰もがアーティスト(表現者)」というメッセージを掲げ、すべての人間に眠るオ…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP