Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

先住民の「マナ」の教えから見える未来

土曜朝刊(全国版)be|持続可能な未来創造#05
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:2m31s
A | A | A

マナ(Mana)とは?

ニュージーランドに西洋人が貨幣制度を持ち込む以前、先住民のマオリ族の間で流通していたのは、「おカネ」ではなく、ある「価値観」だった。

それは「マナ(Mana)」と呼ばれ、英語には該当する言葉がない。ニュージーランド湖畔の森に建つ我が家の隣人で、マオリ族の末裔(まつえい)という方が、そう教えてくれた。

人は最大級のマナを持って、この世に生まれるとされる。
そして、生きている間にさまざまな不徳や罪を犯し、次第にマナを失ってゆくが、善行により「人に何かを与える」ことで、マナは高まる。「人は誰かから感謝されるたびにマナを受けとっている」と、ぼくは解釈している。

その昔マオリ族は、カネやモノのためでなく、マナを高めるために生きてきたという。

8a023f72-41b3-47a3-a19c-ef7d59fe9c5d

持続可能な社会へ

翻って日本を見てみると、アベノミクスによる経済効果が追い風となり、参議院選は自民党が圧勝。世界に目を転じれば、ほとんどの先進国でカネのバラまき(異常な金融緩和)が行われている。なのに一方で、大量生産・大量消費の国アメリカの象徴でもある、クルマ産業の街、デトロイト市が財政破綻した(2013年当時)。

規律や品性をかなぐり捨て、むやみに貨幣の流通量を増やし続ければ、いずれ崩壊するのは歴史が証明している。経済成長には、貴重な淡水や化石燃料などの〝持続不可能な地球資源〟が大量に必要とされる。そして、この星は拡張を続けているわけでも、資源量が増え続けているわけでもない。

永遠の経済成長を求めても、有限の地球が耐えられないことは明白だ。でも、いまだに多くの人が 「経済成長=善」という破壊的な仕組みを妄信し、〝必要以上〟の資源とカネを奪い合っている。しかも、人間として本来、享受すべき〝本当の意味での幸せ〟や〝健康〟より、財や富、地位や名声を得ることを最優先している。

人類の向かうべき持続可能な社会への、方向転換や価値観のリセットは、いまや急務だ。そのヒントが「マナの思想」にあると思う。

マナを日本語にすると「徳」や「品格」に近い。こうした、本来誰もが大切にしていたはずの気高さ、人間の根底に流れる本質的な美意識こそが、これからの人類がめざすべき方向になるはずだとぼくは信じている。

「この星に生まれた生命体として美しく生きたい」。そう願うのはぼくだけじゃないはずだ。

本記事は、朝日新聞2013年8月3日号掲載の連載「持続可能な未来創造」05に加筆修正を加えた完全版です。
(当サイト掲載|2016年2月6日)

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 「人は誰もがアーティスト(表現者)」というメッセージを掲げ、すべての人間に眠るオ…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP