Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

太陽のリズムで生きる

土曜朝刊(全国版)be|持続可能な未来創造#04
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:2m15s
A | A | A

利点しかない早寝早起き

若い世代を中心に早寝早起きがトレンドだ。

ヨガやラン、朝会などをする人が若い世代を中心に増えている。朝の太陽が人を元気にし、人は朝にもっとも創造的になれることは案外、知られていない。

朝日は心と脳のバランスを整える「セロトニン」を分泌させ、それは、夜には快眠物質とも呼ばれる「メラトニン」を合成する。

太陽のリズムで生きることは、本来の“地球人”として生きることと同義だ。

湖畔朝焼け3

夜明けの光は、人間の心、脳、細胞すべてを覚醒させる。

原点回帰のムーブメント

ニュージーランドの森での生活は、夜明けとともに始まり、日没で終わる。

余分な電力は消費しないうえ、不思議と物欲や我欲も滅していく。迷いが減って思考がシンプルになり、自分にとって一番大切なものを見極められるようになるのだ。結果、ぼくは子供のころのような集中力を取り戻した。

未明まで騒ぐテレビ番組や、めまいがする ほどまぶしいコンビニの明かり。
娯楽やネットに24時間縛られる生活。

心身のバランスを崩してしまうのは当然だ。

地球環境を考えれば、まったく不要だし、仕事や生活でも非効率をもたらすだけ。多忙な業界にありがちな「寝ていない自慢」はもはや自己管理が出来ない証しだ。200万年以上続いてきた地球人としてのリズムを、わずか 100年で変えてしまうことの傲慢(ごうまん)さを、ぼくらは思い知るべきだ。

3・11以後、便利な暮らしは原子力発電という巨大なリスクと、納得しがたい矛盾のもとに成り立っているという事実を誰もが痛感したはずだ。

なのに生活リズムは変えられない?なぜ?
この暴走を許容する余力が地球に残っている?

さあ、壊れるのは、地球が先か人類が先か?

早寝早起きは、未来を任された若者たちが本能的につかんだ、地球人としての正しい原点回帰ムーブメントだとぼくは信じたい。

11063751_876767565693071_645055645265798384_n

本記事は、朝日新聞2013年7月6日号掲載の連載「持続可能な未来創造」04に加筆修正を加えた完全版です。
(当サイト掲載|2015年8月29日)

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 「人は誰もがアーティスト(表現者)」というメッセージを掲げ、すべての人間に眠るオ…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP