Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator

#05 仕事の〝生産性〟と、思考の〝柔軟性〟を高めるバッグの秘密

朝日新聞|ULライフスタイル(超軽量生活)
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:5m33s
A | A | A

「両手を常に自由な状態にしておくこと」を信条とするぼくは、ハンドバッグのような、手がふさがってしまうカバンを持つことは、緊急時以外はない。
当然、外を移動する際は基本、MacBookを手に直接もったりもしない。

「手ぶら」の回(当シリーズ#03)で、超多機能を誇るiPhoneによって、荷物の量が激減したことを書いた。そして実際に、ぼくは最近、6〜7割の仕事をiPhoneで済ませられるようになった。

だが、執筆やデザインプロデュースの仕事がメインのぼくはまだ、MacBookが手放せない。
今回は、これをデイリーユースで運ぶための、愛用バッグについて書いてみたい。

ぼくが日々使っているものは、2つ。

まず1つ目は、容量は20リットルのデイバックだ(写真下参照)。
このサイズは、毎日の生活でもかさばらないし、常に荷物がミニマムのぼくの場合は、1週間くらいまでの出張までカバーできるので活用範囲がとても広い。

写真下の右の黒いデイバックは、See To Summit社「ウルトラシル・ドライパック(90g)」。

〈Photo. Daisuke YOSUMI〉

完全防水デイバックとしては世界最軽量で、1ヶ月以上の移動生活と大自然への冒険時には、予備リュックとして必ず持参するが、耐久性に乏しいの日常で使うのは少し厳しい。

左のオレンジ色のものが、当シリーズ#02でも紹介したぼくが愛用する Outdoor Research社「ドライピーク・バガー(270g)」。デザイン、軽さ、耐久性のバランスにおいて、ぼくにとってはパーフェクト。

隣の〝世界最軽量〟のものと比較すると重いが、これでも同容量の通常のデイバックに比べると、圧倒的に軽い。

2つ目は、容量10リットルの防水ショルダーバッグ、ARC’TERYX社「ルナーラ10」で、重さは300g(写真下、左のオレンジ色)。

MacBook(12-inch)が〝ピッタリ入る大きさと形〟ということと、デザインが美しいこともあり、最近ではほ、ぼ毎日使うようになった。

肩に掛けるのではなく、ぼくはいつも、メッセンジャーバッグのように「斜め掛け」して使う(一番下の写真参照)。

〈Photo. Daisuke YOSUMI〉

そして、ぼくが持っている他の超軽量系バッグに比べて、素材も厚くて造りがしっかりしているので、ナイフでカバンを切るようなスリがいる治安が悪い国でも安心して使えるので、海外での移動生活には必ず持って行くようになった。

ちなみに長期の移動生活では、下の写真右にある、我が相棒とも呼べる白い超軽量バックパック(当シリーズ#04で詳しく説明)と共に、このショルダーバッグ「ルナーラ10」のコンビは最強だ。

そして、国内旅行3〜4日までであれば、この小さなショルダーバッグだけで、ぼくはOK。

これら2つのバッグに共通していることは「防水」であること。

GoProなどのデジカメや、iPhone7をはじめとする各種スマホなどの、小型のガジェットには防水タイプが増えているが、さすがにMacBookをはじめとする、大型のデジタルデバイスは水に非常に弱い。

〈Model. Daisuke YOSUMI in Paris〉

日本はもともと多雨エリアな上に、昨今の異常気象で、南国スコールのような「突発的・集中豪雨」が増えているだけに、防水機能が付いていることで、傘がなくても安心して外を歩けるようになる。

最後に軽量性。

防水バッグはこれまでとても重かった。
ただ、素材と防水加工技術の進化によって、ここ数年で軽量化が進んだ。

一昔前だと、ここで紹介しているバッグと同じくらいの耐久性だと、重さは1.5〜2倍ほどあった。

背中に背負えるデイバックとバックパックの一番の強みは、両手が自由になること。
その恩恵を受けて、財布やスマホを出すといった、移動中にひんぱんに発生する作業が億劫でなくなり疲労感も減る。

この〝身軽感〟によって行動力が増し、仕事の効率化アップと、発想のしなやかさと柔軟さ、そしてクリエイティビティの向上を手にすることができるのだ。

だまされたと思って、是非あなたもお試しいただきたい。


《ULライフスタイル*》 は、四角大輔が追求するライフスタイルであり、彼による造語。ULとは「Ultralight」の略。つまり「超軽量」の意。


当シリーズに限らず、このメディア〈4dsk.co〉で表現されている、四角大輔が独自開発した〝人生デザイン学〟は、会員制コミュニティ型スクール〈Lifestyle Design Camp〉で、さらに深く、詳しく学ぶことができます。

本記事は『朝日新聞』2014.9.27掲載の連載〈超軽量ライフスタイル〉第5回に、本人による大幅な加筆修正と写真追加がされた〝最新&完全版〟です(当HP掲載|2017.2)

RECOMMEND

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

レコード会社プロデューサーの職を捨て、 巨大魚と冒険、そして真の自由を求めてニュージランドへ移住。 湖でサスティナブルな半自給自足の〝森の生…

前作から4年が経った今年、四角大輔が初の編者を務める新刊が発売しました!   タイトルは、 『The Journey 自分の生き方をつくる原…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 執筆家、森の生活者、フライフィッシング冒険家。 「人は誰もがアーティスト(表現者…

【質問1:仲間と知り合いの境界】 知り合いとは〝単なる顔見知り〟のことであり、いてもいなくてもいいくらいの人たちのことを指す。 仲間とは、家…

世界一美しい島、ギリシャのサントリーニ島のカフェでこの原稿を書いている。 今回の旅はトータルで、約6週間。立ち寄る街は全13都市。 南ヨーロ…

ぼくはいま、ニュージーランドの、湖畔の森の自宅庭の桟橋の上にいる。 澄んだ湖と空、そして餌を求めて浅瀬をクルージングしているニジマスを眺めな…

本インタビュー【後編】はこちら 心の声に耳を傾ける 「ぼくは、決してアカデミックではない、ストリート出身の音楽プロデューサーなんです(笑)」…

安定を捨て、夢を叶える冒険へ 世の中のなによりも好きな湖で、ライフワークといえるほど夢中になって続けてきたフライフィッシングで、美しく大きな…

“未来の国” ニュージーランド 「場所にも時間にも制約されない仕事」しかやらない。あらゆる制約から自身を解放し、「自由でインディペンデントな…

なぜニュージーランド? なぜニュージーランド? 僕はこの質問をこれまでに数え切れないほど受けてきた。詳しく話し出せばきりがないが、結局は3つ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP