Nomad Fly Fisherman Adventurist Naturalist Lifestyle Artist Author Speaker Artist Incubator
/ ABOUT / 4dsk.co 7 Aug 2016

四角大輔|7つの連載記事一覧

〈森の生活、移住、UL生活、モバイル、登山、自己防衛、未来〉
Words by Daisuke YOSUMI
Reading Time:4m58s
A | A | A

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイターであり執筆家。

そんな彼は、自身の体験をベースに、多種多様な雑誌での連載を通して表現活動を行ってきた。

当メディアでは、本人がそれらの連載記事に、大幅な加筆修正と写真追加をほどこした〝最新&完全版〟を順次掲載中している。
(※以下の連載以外に、単発の執筆原稿やインタビュー、ウェブやメールマガジンなど、様々なメディア記事も〝最新&完全版〟として続々掲載中!)


 

『ソトコト』〈未来の国ニュージーランドから|パラダイムシフトの朝

sotokoto201601

『ソトコト』は、エコ&ソーシャルをテーマとした月刊誌。
当連載は、彼がニュージーランドの湖で営む、自給自足ベースで低消費の〝森の生活〟で得られる〝気付き〟を中心に綴られている。ここで提案される、大自然や食、生き方に関する、まったく新しい価値観にぜひ触れていただきたい(連載は6年目に入り、現在も継続中)。

連載〈未来の国ニュージーランドから|パラダイムシフトの朝〉へ。


 

『朝日新聞 I』〈持続可能な未来創造

『朝日新聞』1年目の連載〈持続可能な未来創造〉では、自身のライフスタイルを軸に、彼独自のクリエイティブな観点から、現代社会が抱える問題点に切り込んでいる。
〝ライフスタイルシフト/共生/サステナビリティ〟をテーマに全13回に渡り、21世紀的な社会ムーブメントを取り上げたり、あるべき未来の創造について思いを馳せている。

連載〈持続可能な未来創造〉へ


 

『朝日新聞 Ⅱ』〈ULライフスタイル|超軽量生活

Be19

『朝日新聞』2年目の連載〈ULライフスタイル〉と題し、〝物理的なものだけでなく、精神的な荷〟を下ろして身軽に生きることが、人間のパフォーマンスや創造性をどれほど向上させるかを解いている。
冒険家でもある彼は、大自然に持ち運ぶギアの〝取捨選択の判断〟ひとつが命に関わると言う。そんな彼が、日常生活や旅での愛用品を多数紹介。

連載〈ULライフスタイル|超軽量生活〉へ


 

『PEAKS』〈クリエイティブ登山思考|すべては長く歩くために

peaks201512

『PEAKS』は、日本のトレッキングシーンを牽引する前衛的な月刊登山誌。
当連載では、長距離登山をこよなく愛する彼の、独創的なメソッドが余すことなく語られている。最新科学や生理学、テクノロジーを積極的に導入する、彼らしいクリエイティブな思考は、登山だけでなく、仕事や人生においても役立つ知恵にあふれている(連載は6年目に入り、現在も継続中)。

連載〈クリエイティブ登山思考|すべては長く歩くために〉へ


 

『Mac Fan』〈モバイルボヘミアン|旅するように暮らし、遊び、働く

macfan201512

『Mac Fan』は、Appleプロダクトに特化した月刊テクノロジー雑誌。
彼が〝移動生活〟を続ける理由、それは「自分がもっともクリエイティブになれる場所」を探すため。「旅」とは、最上級の「遊び」であり、「仕事」であり、そして「生活そのもの」と語る。当連載では、彼が活用している最新モバイルテクノロジーの真髄が解き明かされる。

連載〈モバイルボヘミアン|旅するように暮らし、遊び、働く〉へ


 

『Fly Fisher』〈Lake Edge Life|ニュージーランド移住

1084

『FlyFisher』は、もっとも伝統ある月刊のフライフィッシング専門誌。
彼にとっての〝ニュージーランド移住〟のメインキーワードは「湖とフライフィッシング」。当連載では、フライフィッシングと湖を中心にデザインしてきた、彼の半生記が公開される。ニュージーランド移住前&移住後の秘話から、釣りマニアをも唸らせるコアなエピソードまで、〝釣り師〟四角大輔の真髄に迫る。

連載〈Lake Edge Life|ニュージーランド移住〉へ


 

『カガリビ』〈自分を守り抜く技術|セルフディフェンス

kagaribi37

『カガリビ』は、東日本大震災がきっかけて誕生した不定期の復興支援紙。
当連載では、これまでの彼の経験をベースに、「働く」「捨てる」「お金」「仲間」などに関する、独自の人生哲学が提示される。若い世代にとって生きにくい現代社会において、「心と体」を守り抜くための〝セルフディフェンスの技術〟について、彼らしい激しくも熱い言葉で解説がされていく。

連載〈自分を守り抜く技術|セルフディフェンス〉へ

RECOMMEND

ぼくたちはこの本を、 〝あらゆる制約から自身を解放したい〟 〝自由に生きたい〟 と願うすべての人に捧げたい。 モバイルボヘミアンとは、 仕事…

NZの湖で半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る四角大輔。 4/14に発売の、本田直之氏との共著『モバイルボヘミアン 旅す…

ライフスタイルデザイン・キャンプ

《 会員制コミュニティ型オンラインスクール|メンバー随時、募集中!》 『 Lifestyle Design Camp 』 それは、21世紀を…

四角大輔|Daisuke YOSUMI 【Profile】 「人は誰もがアーティスト(表現者)」というメッセージを掲げ、すべての人間に眠るオ…

「人は誰もがアーティストであり冒険家」 ぼくはいつもそう語りかける。 この投げかけに多くの人は、 「私は絵を描けません」 「歌ったり、踊った…

四角大輔は、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖を拠点に、世界中を移動しながら生活し、さらにフライフィッシング冒険家としても活動するクリエイ…

arrow_left
arrow_right
arrow_left
arrow_right
PAGE TOP